神待ち掲示板福岡で女子大生をお持ち帰り!

  • 投稿日:
  • by

僕は、福岡県で独り暮らしをしている、30代、男性で金融関係の会社に勤めています。正直、仕事が忙しいんです。朝は先輩達より早く職場に行かなければならないし、夜は残業やらクライアントの接待やらでいつも日付が変わってから自宅にたどり着くという生活です。職場の女性陣は、ちょっと年齢が僕より高くて守備範囲外ばかり。かといって、仕事が忙しくて合コンなんかして出会いを探す時間もありません。

そんなこんなで、手っ取り早く福岡神待ち掲示板を使うことにしました。最初は神待ち掲示板って少し抵抗感があったんです。女の子はサクラばっかりで出会いなんか無理なんじゃかいかと。でも、神待ち掲示板を既に使っている会社の同期達は、割とそんなことは無いって言います。投稿者も優良で女の子と本当に会えるサイトを具体的に教えてもらいました。

ある同期は、そこで出会った女の子と今でもいい感じに続いてるって言います。ここまで聞いたら、僕も女の子と出会いたいし、良い思いだってしたいですから利用しない訳には行きませんね。早速、同期に教えてもらった神待ち掲示板の福岡地域に登録しました。プロフィールは、結構、まじめに書きましたよ。神待ち掲示板の利用案内には、このプロフィールが勝負だとアドバイスがありましたから。

女の子の立場になってみたら、それは当然ですよね。プロフィールでどんな人か見てメールをくれますから、ここでつまづいたらその後はありません。プロフィールには身長、趣味、性格、仕事、出身地などなど丁寧に書き込みました。出会い系サイトを使い始めて2週間ほど経ち、それなりにレスポンスはありましたが、こちらから会いたいなって思う女の子はあまりいませんでした。こんなもんかなぁと思い始めた頃、一通のメールが届いたのです。

その相手の女の子、僕と出身地が近いんです。すぐに地元ネタで盛り上がりましたね。なんだか、盛り上がりようときたら、僕は少し運命みたいなものを感じた位です。

出身地が近いということは、福岡に住んでいる僕とその女の子の現在の距離は遠いということです。

その現実に僕はあきらめを抱き始めました。けれども、ある日突然、彼女から会えない?ってメールが来たんです。どうしたんだろう?旅行で九州にでも来たのかな?と思いました。ワクワクする気持ちとドキドキする気持ちの両方を胸に初めて彼女と博多で会いました。初めて会った彼女、とても可愛いんです。びっくりしました。女子大学生ですが、結構、大人っぽく見えます。髪の毛は少し栗毛色でストレート、目はクリッとしています。会ったばかりの時はその可愛らしさに少し僕は舞い上がってしまい、自分でも何をしゃべってるんだかという感じです。

時間も夕方ですので、僕たちは食事も兼ねて飲みに行きました。ちょっとおしゃれなお店でワインで乾杯です。少しお酒が進んでくると僕も彼女も緊張がほぐれていろんな事、話をするようになりました。すると、彼女がふと「家出してきちゃった・・・」と僕の肩に寄り添いながら言いました。なんでも、彼女は東京でアナウンサーになることが夢で、それをご両親に猛烈に反対されたそうです。彼女の小さい頃からの夢を、真正面から反対されて、どうしていいか分からず、福岡に飛び出してきてしまったと彼女は言います。「今夜、泊まる所あるの?」僕は聞きました。「ううん、ないよ。」彼女のその言葉を聞いて、僕は彼女の手を握りしめました。それからは僕と彼女はほとんど無言です。

食事を終えて、僕はどこに行くとも何も言わず、自分の家に彼女を連れてきました。彼女は僕の腕に手を組んで黙って付いてきたのです。僕と彼女は部屋に入るなり、すぐにキスをしました。彼女のオッパイ、結構大きいのでキスをした時に僕の胸にぶつかって大きさが分かります。キスは最初はやさしくしましたが、すぐにお互い舌を入れて激しく唇を吸い合いました。しばらくは服の上から胸を揉んでいましたが、我慢が出来ず、お互い服を脱がしだしたのです。

そのままバスルームに二人で入ると彼女は僕の股間に石鹸をたっぷりと含ませて優しく愛撫してくれます。そしてその他の部分を丁寧に、丁寧に洗ってくれます。う~ん、アナウンサーを目指す女の子ってこんなに積極的なのか~と頭の中で思いながら、僕は彼女のオッパイを揉んでいました。直に見る彼女のオッパイ、とても白くて形はおわん型。乳首と乳輪は小さ目でまさに僕の理想形。シャワーで彼女の体に付いたボディーソープを流した後は、僕は夢中で彼女のオッパイにむしゃぶりつきました。その後は、裸のまま、僕たちはベッドに入ります。ベッドで彼女は僕の股間をしゃぶってくれました。その舌使いのうまさといったら、今まで経験したことがありません。彼女のアソコはピンクで形もとても綺麗です。結構、感度は良く、僕が責めると時たま、ビクッ、ビクッっと反応します。その反応の良さも僕にとっては刺激となり、僕はもう我慢できず彼女に自分のモノを入れました。最初はゆっくりと腰を動かし、時たま激しく突きます。彼女の表情を見ていると、眉間にしわを寄せて声を出すのを我慢している様子。けれども僕が激しく腰を動かしているともう、我慢するのは止めたらしく、可愛い声をあげるようになりました。彼女も腰を動かしはじめ、僕は我慢できず、昇天です。その晩は実に3回、彼女としました。

その後、彼女は僕の家に3日ほどいたのです。その間もしっかりと彼女とはHを楽しみましたけどね。3日の間、彼女は電話でご両親と話をしていました。するとご両親は九州でアナウンサーを目指すことを了承したようです。今では、彼女は福岡のテレビ局の就職試験を受ける時、僕の家を定宿にしています。アナウンサーのタマゴとH出来る機会もそうそうないでしょうから、僕は今のこの境遇を十分に楽しむことにしています。神待ち掲示板福岡